固定電話

オフィス用のコピー機

入力作業をする女性 2

家庭用と違ってオフィス用のコピー機の価格は簡単には手が出ない価格です。そのためコピー機はリースとレンタルをすることができます。リースとレンタルの違いは色々ありますが、どちらのメリットが会社にあっているのか確認しておきましょう。

競争の激化

マウスとキーボード 2

携帯電話の普及によってスカイプやLINEなどの通話アプリが登場したため、ビジネスフォンのリースの料金プランが利用しやすくなってきました。初期費用が無料になるプランもあります。リースする注意点は契約期間の確認です。

必要なもの

ノートプリンター 2

ビジネスフォンを使うメリットとして、1つの電話が使用中でも他の電話機で受けることができます。そのため繋がらないと切られることもなくなるのです。リースは購入するよりも安い料金で済むのでリースを選ぶ会社が多いです。

負担を減らすリース

コピー機 2

コストを削減したい時はコピー機をリースしましょう。お得な価格で購入するよりもコストダウン出来ますよ。メンテナンスも行っているのでお勧めです。

私はとある士業をしていて、小さな事務所をビルで開いている。自慢でもないのだが本当に小さな事務所で、小さなお金にも目ざとくなってしまっている。そこで色々な節約をしているのだが、その中でも一番効果的なものはコピー機だ。コピー機というのは予想以上に高くて業務用のものを買うとなると最低でも50万円で普通の普及機となると100万円、最新鋭のものだと150万円するものが普通だ。自分で購入するとなると購入費はもちろんその修理費や修繕費などはもちろん自分の負担になってしまう。そこで私の事務所ではコピー機をリースしていることにしている。リースとなると身構えることが多いと思うのだが、とても使いやすくて便利なものとなっている。

コピー機をリースで利用するメリットは大きく分けて二つある。そのメリットの1つ目はまず料金が安いという事だ。月に1万円程度の料金で100万円は下らないものを利用できるのだから、とても良いことだと思う。もし故障したとしても、その時にかかる修理費やメンテナンス費用はリース業者持ちなので安心だ。2つ目の理由としては手間がかからないという事だ。コピー用紙の準備やトナーの交換など、自分のものにしてしまってはメンテナンスが大変なのだと思う。それとちょっとしたことかもしれないが掃除はとても大変なものだ。このような点を踏まえると、コピー機をリースするということは金銭的にも手間的にも経営側にとってとても良いものだと思う。